HOME > スマホケース情報 > スマホケースで占うその人の性格の傾向

スマホケースで占うその人の性格の傾向

 選んだスマホケースには、その人の趣味やセンス、興味が表れてます。スマホケースを買おうかなと言っても、いつも買わない。裸のままか、落下防止ストラップのみという方もいらっしゃいますね。
 ケースなしの人は、自由を愛しており、勉強や仕事、私生活の全ての側面において現実的な考え方をしようとする傾向にあります。プライドが高くて慎重なのに、かまってちゃんの一面もある面倒くさいタイプです。手帳型の人は、几帳面で真面目な性格で、物をまとめてしまったり機能性を重視してケースを選ぶあたりも真面目な人と言えます。平和に、円満に暮らすことを好み、自分から事を起すよりも、起こってくることに沿って行こうとします。シンプルなケースの人は、落ち着いた気質を持っており、常に物事を客観的目線で見ることが出来ます。必要最低限の物があればそれでいいと感じる傾向にあります。キャラクターカバーの人は、かわいいが口癖で、周りからもかわいい女性に見られることを常に意識しています。頑丈なケースの人は、ゴツくて頑丈なケースを使っている女性は、恋愛に慎重な傾向があります。


 スマホケースはスマートフォンを守るためのものです

 最近は一人一台はスマートフォンを持っているのではないかと言われるくらいにスマートフォンが普及してきています。中には一人で複数台持っている人もいらっしゃるようです。しかし、このスマートフォンですが、本体を裸のまま持ち歩いている人はほとんどいないのではないでしょうか。電車内でもバスの中でも、あるいは街角でも多くの人がスマートフォンを操作していますが、ほとんどの人は色取り取り、形もさまざまなスマホケースを使用しているようです。テレビやアニメのキャラクター物や手帳型のケースもよく見掛けます。
 しかし、その最大の目的は自分の大切なスマートフォンを守るということです。例えば誤って落下させてしまった時に衝撃を和らげたり、水滴から守ったりということです。よくあるのは胸ポケット等から落下させてしまうというのが多いようです。スマホケースは確かに衝撃等を和らげてくれるものですが、その前に、落下しないよう強力クリップの付いたストラップを装着することも必要なのかも知れません。


 スマホケース如何では本体がまともに入らないことも

 スマホケースはスマートフォンを収納するケースです。このケースは家電量販店やホームセンターや携帯電話販売屋さんなどでいろんな種類がたくさん売られています。そのケースは色やデザインだけでなく、素材そのものも異なる場合があります。その素材では硬いのとやわらかい2つに分けることができます。硬い素材はポリカーボネートであり、柔らかい素材はPUレザーだったりします。
 なお大半のケースはいずれもケース自体に穴が開いています。その穴はカメラのレンズのための穴で、これのために、カメラ撮影をする場合は、いちいちケースからスマートフォン本体を出さなくても撮影をすることができます。ただしスマートフォンはバージョンが異なるごとにカメラレンズや端子自体の位置が少々ずれていたりなどします。そのため新しいバージョンのスマーフォン本体に買い替えた場合、ケースもそのバージョンに対応したのを買わないと、カメラレンズの位置と穴がずれてしまうことになります。素材が硬くて本体とケースの間の空間に余裕がない場合は、レンズとケースが干渉して装着自体も困難となってしまいます。

次の記事へ