HOME > スマホケース情報 > スマホケースは手帳型が良いです

スマホケースは手帳型が良いです

 スマホケースは手帳型や、ケースをぱっくりホールドするシリコンやプラスチックの被せるタイプと大まかに二種類ありますが、学生さんなど比較的若い世代には、被せるタイプの物が、ポップでカラフルで、遊びゴコロなどあり、存在感を示せます。
 何よりお値段も手ごろなので人気がありますが、ある程度年齢が落ち着いてくる社会人になった20代後半の世代位からは、断然利用者は手帳型が支持を集めて行きます。
 本格的な革仕様の物を、スマホが変わってもずっと使い続ける事が出来ますし、何より革製品は、使い続けて行くうちに、手に馴染んできたり皮が軟らかくなって、独特の風合いを見せてきます。
 持っている人の癖なども皮に反映されてきて、何とも味が出てきます。高級ブランド店なども、こぞって手帳型のスマホケースの商品の提案をしています。
 クリスマスなどに自分へのご褒美や誰かへのプレゼントとして、ハイブランドの物をゲットしてみても良いかもしれません。


 このタイプの人気の理由は、何も皮製品で高級感があり、ステータスを感じるからだけではありません。
 このタイプは、スマートホンを完璧に多い被せてくれます。完全に厚みのあるケースで、ホールドしてくれます。
 アイフォンなど薄さがあるので、ちょっとした衝撃でもすぐに壊れてしまいますが、ある程度の厚みのあるクッション性の強いこちらのタイプでしっかりカバーしていれば、滅多に割れる事はありませんし、厚みがあるがゆえに、バックなどから取り出すのにも便利です。
 以前手帳を持ち歩いていた世代の方には懐かしい感触かも知れません。鞄のサイズによっては場所を取ったり嵩張る事もありますが、そもそもこんなものだと言う概念で使っていれば、何の支障もありません。
 色々なメモや名刺、カード類なども合わせて保管する事が出来ます。まさに手帳の役割と同じです。スマホが電子手帳の様な役割をしてくれます。


 あんなに厚みがあると、ホールド感は抜群だけど、手帳としての役割ではなく、電話として使用したい時、自分の顔に電話を持って来た時、厚みで嵩張って話しにくくはないかと心配されている人は安心してください。
 扉となる表の部分は、いざ電話機として活用する際は、しっかり折りたたんで、裏側に曲げて話をする事が出来ます。
 全く問題なく電話としての機能もばっちりクリア出来ますから、ちょっと大人な手帳のタイプも、クリスマスのこの時期は、買い替えてみるチャンスかもしれません。

次の記事へ